ギフトを探す

New Brand Interview! FRESH TRUFFLE JAPAN

手に入れるのも 流通も困難な”希少”
たくさんの人の 手のかかった”特別”は
最大の敬意を込めた贈り物

フォアグラ、キャビアと並ぶ世界三大珍味にして「台所のダイヤモンド」とも呼ばれるイタリアの至宝トリュフ。

高級レストランでしか楽しむことができないかと思いきや、なんと通販で手に入るのです!
美食家とまではいかずとも呑むのと食べるのが大好きな私。これを放っては置けません。
早速、生鮮トリュフの輸入卸、通販を行なっているFRESH TRUFFLE JAPANへお話を伺いに南青山のアトリエショップへ。

出迎えてくださったのは、ワインとトリュフが似合う美女 岩間さん。

スタートしたきっかけ

もともとアパレルブランドのプロデュースをしていた岩間さんが、買い付けで行っていたイタリアで、知人からトリュフハンターの方を紹介されたことがはじまりだそう。
トリュフ自体の人を魅了する芳醇な香りと、しかしそれを簡単には手に入れる事のできない難しさに取り憑かれ、なんとか日本に広めたいとスタート。
初めはレストランへの卸から始め、日本でのホームパーティーの一般化や個人宅でのニーズに合わせ、今まで無かった、生鮮のトリュフの家庭への配送を、約2年前にスタートすると共にFRESH TRUFFLE JAPANを立ち上げたそうです。

トリュフとは

そもそもトリュフとは楢や樫の林に自生するきのこです。
椎茸、しめじなどのような単独で生きている菌ではなく共生している菌根菌の為、水分やミネラル分をお互いにやり取りしているメカニズムを解明しない事には養殖が難しく、一部成功した国があるものの、まだまだ謎のヴェールに包まれ、高値で取引されています。
採取方法も原始的で、トリュフ豚やトリュフ犬などと聞いたことがあるかも知れませんが、豚の雄のホルモンの匂いに近いことから雌豚だけが探すことが出来るとか。
FRESH TRUFFLE JAPANのトリュフはイタリアのマルケ地方産。母乳にトリュフを含ませ、その香りを赤ちゃんの頃から覚えさせ、トリュフ犬として育てた犬が探しているそうです。

今年、たくさんとれたからといって来年、また同じ場所で採れるということがあまりないのもトリュフの難しいところ。豊作だった地で十数年採れないこともあるそうで、まさに宝探し。トリュフの採集家をトリュフハンターと呼ぶ所以ですね。

世界中の美食家を魅了する芳醇な香りは、収穫されたのち、無情にも早いスピードで失われてゆきます。これを現地のトリュフハンターの協力を得て、独自のルートで輸入し皆さまの元へお届けしています。
個人宅への通販を開始した当初は、自社で一軒一軒、配達までしていたそう。一刻も早く届けたいという想いだったんですね。

白トリュフ

白トリュフの収穫できる時期は1年で9月下旬~12月中旬の僅か数か月程度しかありません。近年特に注目されている収穫エリアがマルケ州で、非常に高品質で香りもよく、日本国内では生(フレッシュ)の状態での白トリュフの流通はほぼ、されておらず、限られた高級レストランでしか味わえないケースが殆どです。

また生鮮の白トリュフは、手に入れるのも非常に貴重なうえに、黒トリュフに比べても外皮が薄い為、元来の香りは非常に強いのですがその香りが消失するのも早いと言われ、その取り扱いが難しいことも含め数あるトリュフの中でも群を抜いて特別な存在となっています。

特有の高い香りが肉料理やクリームパスタ、リゾットによく合います。

黒トリュフ

日本でも近年特に人気の高い黒トリュフは、様々な産地・種類があります。そんな数ある黒トリュフの中で最高級と称されるのが「ネーロ・プレジャート」です。

採集時期は、白トリュフシーズンの後、12月~3月ごろとなり、白トリュフと同様、マルケ州の名産品となっています。

数ある冬トリュフの中で最高品質と世界で絶賛されている「ネーロ・プレジャート」の生鮮ならではの香りをお届け致します。白トリュフと比べると香りが飛びにくいので扱いは割と簡単でお届けから1週間程度は香りをお楽しみ頂けます。

ピザやパスタ、リゾットの他にも、黒トリュフをフライドポテトやステーキの上に贅沢に削ったメニューが人気です。

秋トリュフ

グレートリュフとも呼ばれる秋トリュフは10月~11月に獲れるトリュフです。白トリュフや黒トリュフに比べお手頃なお値段なのでたっぷりと削ってお楽しみ頂けます。

サマートリュフ

春から夏にかけて収穫されるサマートリュフは、様々な料理に合うことで近年人気のトリュフです。価格も白トリュフや冬の黒トリュフに比べリーズナブルなことから、贅沢に削って思う存分お楽しみ頂けるのが最大の魅力です。BBQパーティーやウェディング披露宴などのサプライズにも。

加工食品

もっと手軽にトリュフの良さを知って頂きたいという想いから加工食品の販売を約1年前にスタート。

トリュフ塩やトリュフ醤油、オイル、バター、ディップソースなど賞味期限が長いことで贈り物や手土産としても喜ばれています。

桐箱とモダンなデザイン

FRESH TRUFFLE JAPANの魅力の一つに食品であるもののまるで、インテリアのようなモダンなデザイン。桐の箱に季節のドライフラワーを敷き詰めた見た目にも楽しいワクワクする見せ方にもあります。
アパレルでの経験、感覚を駆使した岩間さんならではのものですね。

喜びの連鎖の起点に

岩間さんに最近嬉しかったことを伺うと、お歳暮にトリュフギフトを贈られた方が、「こんなに特別感のあるギフトは他に無い!」とご自身もそれをお歳暮に贈られたそうで大変喜んでいただけたとか。
そんな喜びの連鎖の起点になれたことが嬉しかったそうです。
パーティーの手土産に持っていけば笑顔の中心になることは間違いないですし、お中元やお歳暮で頂けば驚きと嬉しさのギフトになります。
手に入れるのも流通も困難な”希少”
たくさんの人の手のかかった”特別”に
最大の敬意を込めたギフトを贈ってみてはいかがでしょう。

 

記事 ザギフト   ~ 贈りたい がきっと見つかる~ ギフト コンシェルジュ 平山 亜須香